三行ブログ(凡)

三行で日常を綴る

向上なるもの

人は、目標としたゴールに到達すると、衰退の一途を辿る。

そうなる前に、急ぎゴール地点を上方修正する必要があるそうだ。

ちなみに、到達したというのもただの錯覚であることが多い。満足感よりも飢餓感が大事ということだろう。

f:id:sanngyo:20160902214559p:plain



反比なるもの

人前で話すことが間々ある。

話すことになった当初、緊張しながらも一生懸命だった。

小慣れてきたいま、スキルは上達したが、御座なりな気がする。

f:id:sanngyo:20160907213530p:plain

 

 

運命なるもの

『ディスティ二―2』が面白くて困る。

ゲームは、人生を縮める劇薬のようにも思う。

そう理解しつつも、無意識にレベルは上がっていく。

f:id:sanngyo:20161226205028p:plain

 

驚愕なるもの

自分でも驚いた、記事の更新が著しく滞っている。

新作ゲーム、新しい趣味などが生まれると致し方ないのかもしれない。

とはいえ、それを踏まえた上で始めたのだから、思い出しては書いていこう。

f:id:sanngyo:20160906220632p:plain

 

情報なるもの

まるで情報が降りてこない状態で、理想の結果を求められた。

敵地に赴くに、敵の規模・目標の位置・必要な期間が一切不明。

営業は、現場を自殺志願者の集まりだとでも思っているのだろうか。

f:id:sanngyo:20170801213349p:plain

 

緩和なるもの

先日の件から、急ぎ『ディスティ二―2』を購入した。

体験版における即死ギミックが、製品版では劇的に緩くなっていた。

ついでに、敵の猛攻も優しくなっていた気がする。苦情でもあったのか。

f:id:sanngyo:20160902214559p:plain

 

過信なるもの

PS4ソフト『ディスティ二―2』が発売された、らしい。

というのも、買うと友人らに公言しておきながら忘れていた。

予約していると思ったのだが、過去の自分を信じすぎていた。

f:id:sanngyo:20160906220632p:plain